秋と冬のはざまで

シェアする

富良野の今時期は秋でもないし冬でもない。
秋というには寒すぎる。
秋というにはモノクロだ。

雪もほとんどないので冬とも思えない。
ストーブを焚いていると暑すぎるときもある。
そんなの冬じゃない。

目に映るのは変わりやすい天候とじめじめとした地面に枯れ葉に枯草に枯れ枝。
ただでさえ何もやる気がしないのにさらにやる気が失せる。

秋の終わりは一年の終わりですべてが死に絶える。
その累々とした死骸を白い雪が冬の名のものと覆い隠す。
それが冬の使命だなんて思ってしまう。
そんな季節だ。