来年の春が待ち遠しい

シェアする

写真は一昨年の春、美瑛付近

今時期になるといつも来年の春が待ち遠しくなる。
というかもう秋になった時点でなんだか寂しくて次の年の春が待ち遠しかった。
一年に対して白旗をあげるのが私の場合秋の始まりなのだ。
秋が始まると悲しくて寂しくてもう今シーズンも終わりだと思ってしまう。

先が見えないのが嫌なのだ。
秋にはもう終わりが見えている。
秋の次に春が来ることはない。

とは言うものの春は春で早く夏にならないかと思う。
早く暖かくならないかと思う。
春も秋も見た目も気温もあまり変わらない。

だけど春には未来がある。
暖かくて色彩豊かな夏が次にやって来るという希望が春にはある。

死に向かっていく過程より生に向かっていく過程の方が好きなのだ。
だから秋が始まるとすぐに次の春が来ることを期待してしまう。

来年の春が待ち遠しいのだ。