田舎のランニングは犬と熊が怖いのだ

シェアする

田舎でランニングしていて怖いのは熊だ。
田舎ではどこに熊が出てきてもおかしくない。
そして田舎は田舎なので田舎道でランニングしていると誰にも会わない。
だから余計恐怖感が増す。
とは言え、熊の活動が盛んなのは朝とか夕方らしいので、日中はそんなに熊と出くわすことはないと思うが。

そして私も被害に遭ったのだが、田舎の田舎道では日中ほとんど人が通らないので、犬を放し飼いにしている場合がたまにある。
そういう場合近くをランニングして通りかかると不審者と見なされ犬が吠えて威嚇して来る。

この場合一番大事なのは犬に背を向けないこと。
私はそのまま通り過ぎようとして犬に背を向けてしまい、足を犬に噛まれてしまった。
動物は背を向けると相手が弱いと思い攻撃を仕掛けてくるのだ。