二年前4月20日の芦別道の駅までのロードバイク旅はまさに冒険だった

シェアする

前半は良かったんです。
交通量は少ないし道幅も広いし路面状況も良好。
しかし……
一番目のトンネルをくぐったあたりから雲行きが怪しくなった。
二番目のトンネルが長い!長い!
歩道を走ったが歩道が狭い!
そして車が飛ばす!飛ばす!
ロードバイクのライトは点けているものの内部は暗い!
富良野からのなが~いトンネルを抜けるとそこは……
道路脇の路面が荒れている!
途中ところどころ穴が開いてる!
なのでスピードは出せないし路面の穴を避けて道路の中央寄りを走らなくちゃならないし。
極めつけはその後の橋です。
車で通る時でさえ恐怖を感じる橋が自転車で恐怖を感じないわけがない。
幸い交通量が少ない時期だったので事なきを得ましたが。
それでも橋を渡ってからも冒険は続きます。
自転車が走る部分の路面状況はさらに悪化し途中で道路を走るのを断念しました。
歩道を走るのですがこの歩道もコンディションが悪くゆっくり走るしか方法がない。
かなり心が折れた状態でやっと芦別の道の駅に到着しました。
帰りは当然また同じ道を帰るわけでまだまだ安心はできないのでした。