田舎の小道が観光資源に変わる時

シェアする

この場所は道路が大雪の山々に向かってまっすぐ伸びている場所。
案内を示す看板以外はまったく他の田舎道と同じだ。
特に何かがある訳でもない。
まわりの景色自体もこの場所でなければならない理由はなく、この付近で見る景色はほぼ同じだ。
ただ一点違うのが道路がまっすぐに山に向かっているということ。
ただそれだけで田舎道が観光資源に変わる。
この辺りはロードバイクで出かける時によく通り過ぎるが、大抵は観光客が数人はいる。
誰もいなかったというのはあまり記憶にない。
もちろんここだけを目当てに訪れるということはないだろうし、でも他の観光名所への通過地点としては良い場所だと思う。