北の国からの倉本聰さんは案外スピリチュアル?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「北の国から」と富良野は切っても切れない関係ですが、新たな視点を追加すればドラマ「北の国から」はかなりスピリチュアルです。

連続ドラマの「北の国から」には、UFOと宇宙人に関するエピソードが含まれています。
純と蛍の担任の先生がもしかしたら宇宙人?そんなエピソード。
さらには蛍がUFOを目撃して……

森の妖精ニングルに関する本も倉本聰さんは出版しています。

連続ドラマに続くその後のスペシャルドラマでも、いち早く携帯電話の普及がもたらす危険性に言及していたり。

北の国から全体を通して見てみても、その視点をスピリチュアル側に持っていくと、また新たな北の国からの姿が見えてきます。

あらためて倉本聰さんのその先進性には驚かされます。
北の国からは予言の書であったとの見方も可能だと思います。